子供の肥満について考える TOP > 子供の肥満とは >  皮脂厚(皮下脂肪厚)の測り方

皮脂厚(皮下脂肪厚)の測り方

皮下脂肪組織が増えると「肥満」となります。
肥満度」を関節的に判定するために「皮脂厚」を測ります。

皮脂厚を測定する方法には「ハーペンデン式」と「栄研式」の2つあり、主に日本で利用されているのは「栄研式」です。

皮脂厚を測る場所は、二の腕と肩甲骨の下が良いとされ、皮下組織を十分引き寄せて縦につまみ、「皮脂厚計」で測り、皮脂厚計での測定値を足して「肥満度」を判定します。

皮下脂肪の量と「肥満度」や「内臓脂肪度」はある程度関係があるとされていて、脂肪のつき方で「肥満」「内臓脂肪」を分けるため、皮脂厚だけでは判断できないのです。

皮脂厚」判定のメリットは、もともと痩せ型の子供肥満してきた時や、スポーツ選手などの場合で体重だけで判断するよりも正確に「肥満」か「内臓脂肪」なのかを判定できることです。

脂肪のつき方によって、「肥満」か「内臓脂肪」なのかを判断することができます。

まだ一般的ではありませんが、「超音波」を利用した測定法も考案されています。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.