肥満度とは何か

<{「現在の体重」−「標準体重」}÷標準体重×100(%)>

現在の体重標準体重に対して何%増えているかが「肥満度」、その結果20%以上が「肥満」です。

子供の場合の分類
軽度肥満......20%〜29%
中等度肥満...30%〜49%
高度肥満......50%以上

計算式を見ると、「標準体重」が必要です。
子供標準体重を見るには、身長体重そして「年齢」がとても重要となります。

というのは、思春期に入っていない子供と、思春期の男の子・女の子では同じ身長であっても体重が異なります。
年齢を考えずに標準体重を決めて「肥満度」を計算すると、身長の高い子供の「肥満度」が実際と合わない結果になってしまいます。

そのため、年齢ごとに「身長別の標準体重」を決めることで、肥満度を判定するときにより正しく「肥満度」を計算することができます。

簡単に調べることのできる幼児用の「肥満度計算尺」・気軽に利用できる「ポケットコンピュータ」などもありますので、詳しくは「予防医学事業中央会(電話:03−3269−2101)」へ問い合わせてください。

一番身近な物で調べるのなら、母子手帳などの健康を管理する手帳などにある「身長体重曲線」の表を利用することです。

また、計算だけでは「脂肪」と「脂肪以外の組織」で、どちらが多いのかを判定することができませんので、先述した「皮脂厚」もあわせて判定することをおすすめします。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.