糖尿病

血液の中にある「インスリン」という糖分を調節してくれるホルモンが不足したり、「インスリン」への体の反応が鈍くなったりすることで、血液の中の糖分が高くなり肝臓が処理し切れなくなると、糖が尿と一緒に出てくる病気を「糖尿病」と呼びます。

Ⅰ型糖尿病...インスリン不足による「インスリン依存性糖尿病
Ⅱ型糖尿病...インスリンは足りている「インスリン非依存性糖尿病

昔、子供糖尿病はウィルス感染などが主な原因で「Ⅰ型糖尿病」といわれ、「Ⅱ型糖尿病」は大人がなるとされていましたが、最近では子供からも例が見られるようになってきたのです。

ほとんどの場合「Ⅰ型糖尿病」は突然始まり、大げさに言うと「暴飲暴食」の上、尿が多く出るのに急に痩せます。

「脱水症状」「高血糖」が原因で体内バランスが乱れると「意識障害」が起こり、命にかかわることもあるのです。
治療方法は、インスリンの注射をしますが、その期間は「毎日で一生」続けなくてはならないのです。

ゆっくり始まる「Ⅱ型糖尿病」は目立った症状がなく尿検査などで見つかることがあり、「意識障害」などの強烈な症状もあまりありないのですが、悪化するまで気づかないと「Ⅰ型糖尿病と同じ症状」を起こします。
治療方法は、食事運動療法などで「肥満」同様に血糖値をさげることです。

成人であれ投薬も出来ますが、子供の場合は滅多にないといえます。

糖尿病を放っておくと、失明や肝不全などの恐れがありますので、子供のためにも日頃の食生活生活環境を見直してあげるようにしたいです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.