子供の単純性肥満

肥満には...
単純性肥満...肥満の原因がハッキリとしない
症候性肥満...肥満の原因が病気であるが数は少ない
...に分けることができ、最近増えている肥満児はこの「単純性肥満」です。

単純性肥満の原因は、必要以上のエネルギー(カロリー)を取ってしまうことと運動不足によるものです。

人間の体にはもともと、過剰なエネルギーを熱にして消費することで「体重を増やさない」機能があります。
肥満する方の場合は、上手くこの機能が働かなくて脂肪を溜め込んでしまうのではないか、という仮説もあります。

精神的な理由などで食欲が増し、過剰なエネルギーを熱に変えられなくなると「代謝」も悪くなり色々な悪循環が始まります。
そして「肥満」を悪化させていくとされています。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.