子供の肥満について考える TOP > 子供の肥満の原因 >  親の肥満は子供に影響するのか

親の肥満は子供に影響するのか

肥満児を連れて肥満外来に訪れるほとんどの母親は「太っている」こと、父親が太っているという割合よりも「母親が太っている」ことがほとんどです。

子供肥満する可能性
肥満児...その両親または父母どちらかが肥満である 約70%
成人の肥満(両親共に)...その子供肥満する可能性 約60〜70%
成人の肥満(片親だけ)...その子供肥満する可能性 約30〜50%
成人で肥満でない(両親)...その子供肥満する可能性 約10%
...このようにいわれています。

肥満しやすい「体質」「環境」が親から子へ受け継がれていること、親自身が肥満する食生活をしていることから、子供も同じ食生活行動をして肥満するといえます。

つまり、「子供肥満児にしたくない」と思うのであれば、「親の肥満を治すこと」から始めなければならないといえます。

肥満児になってしまったのであれば、家族みんなで食事療法運動療法をした方が成功する場合があります。
子供ひとりで食事療法運動療法を続けることは不可能なため、ひとりだけで頑張るよりも楽しく長続きするからです。

なにごとも家族の協力が必要ということです。

次に、親が肥満ではないのに「子供肥満してしまう」場合に見られるパターンです。

たとえば、1人っ子・他の子供を亡くした・病気で入院した後などの「特別過保護」状態にある子供の場合、親が甘いことや親への依存度が高く「わがまま」である事が多くあります。

その親自身も子供の要求を通してしまうので、治療効果が得難いタイプです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.