赤ちゃんの肥満は問題?

美容健康ブーム世代の若い母親が、生まれて間もない赤ちゃんを連れて「うちの子は肥満児ですがこのままミルクを飲ませて大丈夫ですか」と病院へ訪れることがあるようです。

悪い例では、肥満を心配するあまり粉ミルクを薄めて飲ませていると言う話も聞いたことがあります。

反対に健康診断などで「この子は肥満です」と指摘されると怪訝な顔をする方もいて、特に少し上の世代の方が多くみられます。

先述しましたが、生後6〜7月くらいの赤ちゃんは太って見えて当たり前なのです。
その前後であっても個人差があるので許容範囲内ですし、食事制限などせずに気長に見守ってあげることが一番です。

どうしても気になるのであれば、ベビーマッサージや一緒に遊んで上げることで、適度に体を動かしてあげるようにします。

ただし、周りのたくさんの目から見てもあきらかに「肥満」ではないかと言うときには、医学的に調べる必要があります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.