幼児期以降の肥満は問題?

人間の心理には、良くも悪くも人を見た目で判断してしまう性質があります。

幼児期で「太っていて可愛い」と育ってきた子供集団生活をする時期になると人の目に触れます。

もともと肥満児は自分の「見た目」や「運動能力」について劣等感を持っていることがほとんどで、友達から「デブ」「ブタ」などと言われて更に傷ついて精神的に参ってしまいます。

肥満児に心理テストをしてみたところ、
・8歳より前に肥満になった子供...「社会適応力」が良い
・8歳以降に肥満になった子供...「情緒不安定」で集団行動に「消極的
という結果が出ました。

肥満児の多くは、欲求不満に対する「忍耐力が弱く」解消することが「苦手」です。
そのため、「食べること=欲求不満の解消法」となっているので虫歯になったり、肥満がひどくなったりします。

幼い子供へのご褒美に「お菓子をあげる」などをしないように、親自身の意識も変えて行かなければ、肥満児や成人してからの肥満は「必然的に起こる」といえます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.