子供の脂肪肝

簡単に言いと「脂肪」を溜め込みやすい肝臓に、「肥満」によって脂肪が溜まりやすいことが「肝臓に負担」をかけているからです。
これを「脂肪肝」と呼びます。

脂肪肝には自覚症状がほとんどなく、血液検査をするとだいたい「肝機能異常」と診断されますが、程度は軽いことが多いです。

ただ、長期間の肥満であったり脂肪の溜め込み方が異常であったりする場合、肝臓そのものが破壊されて「脂肪性肝炎」「脂肪性肝硬変」へと進んで行きます。

今までは成人の病気とされていたのですが、食生活の変化から子供にも現れる病気となってきたのです。
早期発見・早期治療が求められるわけです。

脂肪肝の診断方法は、腹部を触ること・血液検査、更に詳しく調べる場合には超音波検査・CT検査などがあり、ほかに「肝臓」を一部採取する方法で確実ですが子供の場合負担が大きいのであまり行われない方法もあります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.