子供の動脈硬化

血液の中にあるコレステロールは、「食事からのコレステロール」と「肝臓で作られるコレステロール」です。
肥満していると血液の中のコレステロールの値が高くなり、糖代謝・ホルモンの働きも関係があるとされています。

食事からのコレステロールには「動物性たんぱく」「動物性脂肪」が多く、肥満児が比較的に好んでいる「肉」「バター」「マヨネーズ」には、これらの脂肪分がたくさん含まれています。

これらの物を食べるのであれば、ごぼう・キャベツ・レタスなどの「食物繊維」を多く含む食材と合わせて食べるようにすると「脂肪分」の吸収を抑えることが出来ます。

食物繊維だからと「清涼飲料水で済まさない」で気をつけて行きたいです。

肝臓で作られるコレステロールは、肥満していると比較的「食事量」が多いため体内にコレステロールの材料がたくさんあり、材料があればそれだけ作る働きが活発になります。

運動不足が続くと、動脈硬化を促すLDLコレステロールが増え、一般的な食事量でも肥満へとつながります。

適度な運動をして上手にカロリー消費をすることが望ましいです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.