社会的適応力

先述しましたが、乳児期からの肥満児精神的安定していて「社会的適応力」もあります。

幼児期を過ぎた小学校に上がってからの肥満児は、精神的にもアンバランスで「社会的適応力」が乏しいことが分かっています。

一般的に肥満児の長所は、おっとりで人がよく反社会的行動が少ないこと、短所は、気が弱く消極的集団行動への参加は苦手であるといえます。

これらの短所は、肥満を強く意識する年齢の子供にみられることで、肥満していることへの劣等感から生まれてくると推測されるため、乳児期からの肥満児よりもより強く現れることが分かります。

肥満児の傾向として、自分自身の欲求不満を解消するのが下手です。
「食べる」ことで欲求不満を解消するので、他の解消法を模索するのも1つの手かもしれないです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.