成長曲線の描き方

小学校などで自分の身長体重を、「成長曲線」の表に書き入れた経験がある方も多いと思います。

成長曲線」とは、母子手帳などにある「幼児身体発育曲線」「身長体重曲線」などをさします。

ほとんどの場合、サンプルの成長曲線や、許容範囲が色分けされているなど年齢身長体重が分かればすぐ利用できる分かりやすい形になっています。

この成長曲線を描くには、定期的な身長体重の記録が必要です。
現在の日本ではほとんどの保育園・幼稚園・小学校で健康診断をしていますので、かなり正確な成長曲線を描くことができるのです。

サンプルの成長曲線にぴったりでなくても、許容範囲内でバランスよく成長曲線が描けていれば健康であるといえます。

身長体重のバランスを守りながらする子供成長の手助けが、私たち親がしてあげることできる「大切な心がけ」です。

成長曲線はhttp://ghw.pfizer.co.jp/gh/index.htmlでダウンロードができます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.