乳児期

赤ちゃんの肥満はまず心配はありませんが、乳児期肥満脂肪細胞が増える肥満で、一度増えた脂肪細胞を減らすことはできないのです。
5人に1人は幼児肥満学童肥満になるというので、ある程度の心がけは必要です。

ですが、乳児期食事療法食事制限運動療法を取り入れることは良いことではないので、病院や地域の健康診断を活用して、赤ちゃんが「今、太り過ぎ」「太りぎみ」かを判断してもらうことが肥満予防の始まりです。

お母さんたちの間で「母乳派」「粉ミルク派」という話をします。
肥満するのは粉ミルク派だと言われていて、その理由は「水分補給と同じ感覚でミルクを与えてしまう」ことと、親が「作った分のミルクを完食するまで強制している」ことがあげられます。

最近では母乳栄養の良さが再認識されてきましたが、お母さんたちの栄養も良いためか「母乳栄養の肥満児」も出てくるようになったのです。

赤ちゃんに肥満の可能性が出てきたら、面倒でも検診の回数を増やして、成長曲線をこまめにチェックします。
間隔は1ヶ月に1度か、2週間に1度で「身長」「体重」を測定します。

毎回「検診料」が掛かっていては大変なので、肥満の可能性を感じたらデパートや大手百貨店などの「赤ちゃんルーム」にある測定用具を利用するのがお得で手軽です。

離乳食が始まっていれば「腹持ちの良い与え方」「材料」などを工夫し、まだであれば「回数」「量」「濃さ」の調節をしないで「今まで通り与える」ようにして、2ヵ月くらい様子を見ます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.