幼児期

この頃の子供は、私たち大人と同じ物を食べ「好み」がはっきりしてきて、自由に動けるようになってきたので、自分で探して食べるようになります。

つい怒ってしまいがちですが、「いつ・どのように・誰と食べるのか」を教えてあげることが大切です。
お菓子などを手の届きやすい所に置いておいたり、欲しがるまま与えたりしないように保護者の意識・心がけが必要といえます。
食事の時間・おやつの時間・子供にあった食べる量など、お母さんの力の見せ所というところです。

食べ切れないのに「食べなさい」と言い続けて食べさせていると、過食になる恐れがあります。

乳児の延長である幼児期は、徐々にスリムな体型になってくるのですが「ぽっちゃり体型」でも不思議ではないのです。

乳児期同様に、成長曲線を大いに活用して肥満予防を兼ねた健康管理をしてあげるようにします。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.