子供の肥満について考える TOP > 子供の肥満の予防・対策 >  内蔵型肥満と皮下脂肪型肥満

内蔵型肥満と皮下脂肪型肥満

肥満を分類すると「脂肪が体のどこについているか」で判断することができます。

中枢性脂肪...男性に多い、お腹まわりに脂肪がつく肥満
末梢性肥満...女性に多い、太ももなどに脂肪がつく肥満
または、
上半身・下半身でどちらに脂肪が多くついているかで判断する方法もあります。

内蔵型脂肪皮下脂肪型肥満も同じように内臓皮下のどちらに、より多く脂肪がついているかで判断します。

内蔵型肥満皮下脂肪型肥満を見分けるにはCTスキャンを利用します。

このように分類するのは「どこに脂肪がつくか」で病気かどうか、またはどんな病気を引き起こす可能性があるのかを、ある程度予測するのです。

内蔵型肥満は、糖代謝異常になる恐れが強くコレステロールも高いとされ「糖尿病」「高脂血症」になりやすいのです。
また、上半身肥満中枢性肥満も、「糖尿病」や「心臓疾患」になりやすいとされています。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.