成長と栄養について

食事をする理由は「生命の維持」「活動」ですが、大人と違って子供には「体の成長」をさせるための栄養も必要です。

1)乳児
一生のうちで最もエネルギー量が必要な時期です。
当たり前ですが、産まれて約半年くらいまでは「母乳」や「粉ミルク」だけで栄養を取り入れて、母乳や粉ミルクと併せて離乳食に入ります。

必要量は、
・カロリー...「120カロリー(1Kgの量)」×「乳児体重(Kg)」
・たんぱく質...「3.3g(1Kgの量)」×「乳児体重(Kg)」
・脂肪...乳児体重の約40%以上
もちろん数字は前後しますが、大体このくらいのが必要となります。

2)幼児中学生
乳児に比べると必要量はどんどん減っていきます。
1歳の必要量体重1Kgあたり
・カロリー...90カロリー
・たんぱく質...3g
・脂質...30%〜40%

15歳の必要量体重1Kgあたり
・カロリー...40カロリー
・たんぱく質...1.5g
・脂質...25%〜30%

となり、参考に成人で必要な脂質は20%〜25%とされています。

子供成長に合わせて必要量は変化し、上のことを見ると分かるように「子供は体の割にたくさん食べる必要がある」ということです。

ただ食べるだけでは栄誉バランスが崩れ、肥満貧血などになりかねませんので、厚生省がすすめるように「1日30品目」の食品を食べるように、近づけて楽しく食事ができるように心がけたいです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.