学校での保健教育

肥満によって動脈硬化高血圧高コレステロールなど現在では子供でもかかる病気となってきましたが、子供自身には「自覚症状」がないため太っていても「病気」とは考えていないのです。

いわゆる「成人病」を予防するには、子供自身に「肥満を治さないと大変なことになる」という自覚・理解をさせることが大切なのです。

子供たちに「肥満」とは何が恐ろしいことなのか、たとえば「高血圧心臓負担がかかっている」など具体的に肥満状態で体に起こることを教えて、成人病成人病につながる予備知識を子供たちに与えてあげることができるのは、「学校」という現場が適切と考えます。

検査や治療を専門的にすすめるには病院を利用しますが、「肥満になりそう」「肥満気味」など自分で気づけば「変えられる状態」にあることを認識させて、具体的な方法を教えて取り組ませることで「肥満予防」という対策が取れます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.