運動療法の目的は

運動療法は、肥満の原因のひとつ「運動不足」の解消をする根本的な治療法です。

1)運動不足の解消
2)体の鍛錬
3)運動によって消費カロリー(エネルギー)を増やす
4)肥満児運動の楽しさを伝え、運動を習慣づける「きっかけ」とする

1)運動不足を解消するには、運動をする以外に方法はないのです。
家でゴロゴロしたり、つまみ食いをしたりしていた「とくに何もしていない時間」を運動に向けることで「間食」を防ぎます。

2)体を鍛えるということは、健康的な体の成長を促すとともに、精神面でも鍛えられ「忍耐力」をつけることができます。

3)運動することで体中にためた脂肪を熱に変えて、目に見えやすい減量を目指します。

4)運動を楽しみ、習慣づけるということは、肥満解消・ストレス解消などよい影響やよい刺激を与えます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.