有酸素運動

筋肉は、運動をしないときは「脂肪」を、運動をはじめると血液の中にある「糖質」を使い、体を保持しています。
そのまま20分以上の運動を続ける状態を「有酸素運動」と呼んでいますが、ここまで来てやっと体はエネルギーとして「脂肪」を使ってくれるのです。

厳密に言うと、「脂質」「糖質」どちらも一緒にエネルギーとして使うのですが、その比率が時間や運動方法によって変わってくるのです。

たとえば、瞬発力を使った「短距離走」などは、「糖質」を主なエネルギーとして使うため肥満児運動療法としては不向きになります。

「短距離走」などのようにすぐ息切れしない、ゆったりとした動きの運動で、20分を目標に毎日続けることが必要です。

ゆったりとした運動に体が慣れて20分以上続けられるようになったら、時間を延ばして、簡単な他の運動も試して楽しむことです。

もし、家族ですすめるのなら健康・美容どちらにも効果が期待されている「ヨガ」などもおすすめです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.