エアロビクスとは

運動は下記の2種類にわけることができます。

動的運動...体重移動をする運動(例:ウォーキングなど)
静的運動...その場にとどまってする運動(例:腕立てふせなど)

エアロビクスは動的運動に分類され、本来「体内にたくさん酸素を取り入れて持続的に行う運動」です。
心臓・肺の機能を高めて、持久力もアップするとされています。

体内にたくさん取り入れた「酸素」は、「脂肪」を分解してエネルギーに変えます。

つまり肥満解消には、ある程度の時間で行うエアロビクスが強い味方となるのです。

急激に動く「走る」「跳ねる」などの運動肥満している方には向いていない上、脂肪よりも糖質をエネルギー源としています。
他にも、血圧が上がってしまうなど「良い」とはいえないのです。

本来の意味でのエアロビクスをするのなら、たとえば、いつもより少し遠い店に歩いて行くことや、自転車で出掛けていた道のりを軽くランニングしてみるなど、手軽にはじめることが出来ます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.