子供と成人の肥満の関係

何歳からの肥満児が大人になっても肥満でいるという細かな分析はされていませんが、肥満児の約80%は大人になっても肥満です。

乳児期のほとんどの肥満児は、大人になっても肥満ということはあまり無く、乳児期以降の肥満でとくに「少年期」の肥満は大人になっても肥満である確立が高いとされています。

脂肪細胞の話をしましたが、脂肪細胞の数が増えやすい子供肥満は、頑張ってダイエットしたとしても簡単に元に戻ってしまう、「太ってしまう」ことが良くあります。

大人になっても肥満でいる可能性や、成人病、死亡率が高いと言うことを考えると、子供肥満は注意した方が良いといえます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.