妊婦と子供の肥満の関係

妊娠中のお母さんが「糖尿病」を持っていると、生まれた赤ちゃんが「巨大児」であることがあります。

第二次世界大戦のオランダで「食糧事情の悪い」地域の子供と「肥満」の関係を調べたことから、妊娠早期の「栄養状態」が悪い場合に、生まれた子供が「肥満」になりやすいといわれています。

逆に妊娠後期で「飢餓(ひどい空腹状態)」になった場合には、子供肥満することは「あまり無い」とされています。

現代の日本では栄養不足という環境の妊婦はごくまれですが、そのかわりに妊婦が「肥満」する傾向があります。

妊婦肥満してしまうと「流産」してしまう可能性が高く、「異常分娩」や生まれたばかりの赤ちゃんの「異常」が多くみられます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.