子供の肥満について考える TOP > 子供の肥満のマメ知識 >  肥満児の頻度はどのくらいか

肥満児の頻度はどのくらいか

日本の食生活は近年、大きく変化して欧米化してきています。
そのため、「動物性たんぱく質」「脂肪」を多く含む食料品が手に入りやすく子供肥満が増えています。

乳児期肥満の頻度は統計としてまだハッキリしていないのですが、主な数字で表してみます。

●2〜6歳のカウプ指数18以上を基準
・男子...2.9%
・女子...4%

●5〜14歳
・低年齢層...3〜4%
・高年齢層...6〜7%

小学校以上では、地域差・学校差などが問題視されていて都会で生活している子供たちの方が「肥満」していることがわかっています。

「田舎暮らし」というと中高年世代の新しい生活スタイルとして注目されてきていますが、子供たちにも必要な「生活スタイル」ともいえます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.