肥満の行動療法とは

乱れた食行動肥満のひとつの原因です。

たとえば、1回の食事が多すぎてしまう「大食い」「過食」、規則正しくない食事「常に食べている」ような「間食」の多い状態、日頃の夜食の取り過ぎです。
さらに、ひと口が多く良く噛まずに飲み込む上、食事時間自体が短いことも原因です。

これらの行動が「肥満」している方に共通する点です。

1)食べ方のどこが悪いか、どうして悪いのか

2)見つけた悪い食べ方を直す
食べでもいい「時間」「場所」「場合」を改めて教えて実行させます。

3)栄養バランス食事を考えて、ひと口のを減らしよく噛んで時間をかけて食べるように心がけることが大切です。

子供が楽しく実行し続けられる、実感が持てるように目「標達成」ができたときにはご褒美を出すなどの、「楽しみ」を用意しえあげるとよいです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.