子供と成人の肥満の違い

子供と大人では、かかる病気の種類もその症状も違うものです。
肥満の場合は、子供も大人も同じような症状が現れるという特長がありますが、あえて違うところとするなら、子供の方が命にかかわる状態までの「時間」が長いということです。

一番の子供と大人の違いは「成長」にあります。
子供成長段階にありますが、大人はもう成長の段階が終わっているため、肥満治療・目的が変わってきます。

大人の肥満は、「ダイエット」による減量が主な目的ですが、子供の場合はダイエットよりも「食事療法」を中心に成長を視野に入れた治療法です。

体も心も子供は未熟です。
肥満治療をひとりで進めるにはとても無理がありますので、大人の大きなバックアップが、幼ければ幼いほど「重要」です。

幼い時はできるだけ成長曲線を利用して、肥満傾向を見つけたらすぐに予防する方が、親にとっても子供にとっても辛くならないで済みます。

肥満が出来上がってしまうと治療は大変ですから、なるべく「予防」する日頃からの対策肥満児をなくし、成人病の効果的な「予防策」となります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイトMENU

Copyright (C) 子供の肥満について考える. All Rights Reserved.